<< 事故その後 #2・・・コメント... 事故その後 >>

ありがとう、さようならLOOK555

<示談の経過>

今日、タクシー会社(相手の保険屋は代理交渉が無い為、直接)とミーティング。
恐らく例がほとんど無いと思いますが、相手が過失100%を認めていることもあり、自身の保険屋(どうせ過失0だと外れるし)を解さず、自分とタクシー会社の渉外担当で話し合い。

2年経っているフレームなどは、減価償却すると40%ほどの価値になってしまいます。
しかし、それではその他のパーツが変な計算になるし(ブレーキは1日しか経ってない等)、全損で99.7%までの事例もある。

しかも、どうせまともに組みなおすには100%に近い数字で物損を支払って貰わないといけない。

その点を主張して、物損・慰謝料・仕事の損害金などの話を一気にまとめてきました。仕事柄(?)いつも交渉ばかりしているので、慣れているつもりです。争点は物損のパーセンテージだけ。相手方は95%以上の価値を認めたので、先方と保険会社の交渉次第です。しかし、95%以下の示談はありえない旨を強く主張してきました。

こちらから法的効果のある書類を数通作り、同意項目からサインして貰いました。金額は確定していませんが、(あり得ないことに保険会社の担当が休日)来週末までに損害金が振り込まれるはずです。

会社も良心的、事故担当も良い人で、よく言われる警察からの天下りの人ではなかった。誠心誠意対応して頂いていて、その点は大変幸運でした。


<事故顛末>
狭い道路で、相手方のタクシーが客を見つけ、後方確認を怠っての急停車ドア開け。まあ、タクシーとしては最悪の行動で、相手の事故担当も即時過失100%を認めた。

ブレーキする間もなく、ドアに約25km/hの速度で衝突。そのまま左側歩道に倒れました。幸い、低速で、ガードレールの切れ目であり、本当に幸運でした。


<体の状態>
左肩、右上腕、左腰、左ひざの打撲、全治2週間です。肩などは痛みますが、普通に暮らせています。ただ、ロードバイクに乗る強度での運動はまだまだ無理です。ウォーマー類をつけていたおかげで、擦り傷など外傷はほとんど無し。幸運でした。まあ、タイピング不能になって、仕事3日ほど棒に振りましたが。


<自転車の状態>

○ZONDAの前輪に強い縦フレ。クイックの外に出た部分が曲がって、ホイールから抜けない。
○フレームは傷だけだが、恐らくもう使えないでしょう。
○エルゴパワーが変速不能。ワイヤーは切れてないので、中がダメっぽい。

サドルやポスト、後輪にも傷は付きました。あとは、確認もしていません。見るのが辛いです。


といった状況です。
まさか・・・こういった形で自分の愛車とお別れすることになるとは思いませんでした。特にここ一年・・・

ZONDAを付けてからのLOOK555は。本当に身体の一部、本物の愛車でした。しばらくこのフレームとホイールでいいんじゃないのかな?と、事故の朝も想いながら走っていました。そう思えた矢先の出来事だったのです。

独立後、もっとも苦しい年の誕生日に購入して、2年と3ヶ月。一緒に走って頂いている皆さんと共に、たくさんの思い出を残してくれました。一瞬の出来事で、しかしもう前のように、自分の全てを預けて走れないかと思うと、大変いたたまれない気持ちです。

ついでに自分は決して裕福ではないので、損害金が十分に保証されなかった場合、バイクは当分組めません。保証されても、組み上がるまではトレーニングにもツーリングにも行けませんしね。どうなってしまうのか、日々大変な不安にさいなまれています。



ただ、今回は完全な被害者であること。体が元気であること、相手方が善人であることだけ幸運でした。事故の加害者になることは本当に気をつけなければなりません。

また、メット等、安全装備は絶対に必要です。メットがなければ恐らく側頭部を強打していた事かと思います。みなさんはくれぐれもお気をつけて下さいね。私も、今回の件を、大きな教訓として行きたいと思っております。



ろくにコメントに返事もせず、書き込みにも行けませんがすみません。
怪我が完治し、もしも首尾よくまたバイクが組めるようでしたら、どうか一緒に走ってくださいね。恐らく、その瞬間を迎えて、やっと事故のことを過去のことと出来る気がしています。

心より、楽しみにしつつ。
また、経過をご報告させて下さい。


>>>追記

ヤンくん、優勝おめでとう!写真がかっこよすぎです!
[PR]
by redboot | 2009-10-20 20:12 | その他
<< 事故その後 #2・・・コメント... 事故その後 >>