カテゴリ:ロード( 12 )

初ロードインプレ

というわけで、今日引き取りに行ってきました。
私の人生初ロードバイクは、写真の通りLOOK555です。
f0126678_2404696.jpg


Y'sRoadの企画品で、105コンポーネント+オリジナルブランドで組まれたもの。
全てが思い通りではない代わり、本当に安価に入手できました。

憧れのフルカーボンバイク。
Y's渋谷で問い合わせてもらって、新宿のマニアックの方で購入しました。

購入の際は、ちゃんとサイズを測ってくれるんですが、このLOOK555、一番小さいサイズが51(S)なんです。私の身長(170cm程度)だと、実は大きいそうで…。

*49(XS)が平均適正サイズ。ワングレード上の565から存在する。


という訳で、170を超えた身長の方にしかお勧めできないとのことでした。
むちゃくちゃショックだったんですが、一応計測してもらったんです。

なんと、思ってもみない結果が。

私は手足が、平均的な日本人に比べ長いらしく、身長は満たないものの、このフレームサイズでほぼぴったり適合すると。

手足の長さなんてどうでもいい。とにかく、この555に乗れる事が嬉しかった。


で、今日
●サイコン
●ライト
●サドルバック
●バズキル
●予備チューブ
●盗難防止用のハブクイック

などを買い足して、無事納車。
いよいよ・・・・。



<<ファーストインプレッション>>
初めてBD-1に乗った時のような「何これ!?」という衝撃はありませんでした。
BD-1も、改造必須ですが、かなりいいバイクです。
しかし、何というか、おいしい速度が違うんですよね。
いとも簡単に40km/h台に乗せられるこの感覚はやっぱり衝撃でした。



●前傾
私は、ドロップハンドルにもう慣れているので違和感なし。
しかし、初めてのドロハンの時(奇しくもセイジさんとの初対面の日)は怖くて仕方なかったです・・・。

ハンドル幅が
380mm<BD-1>
400mm<LOOK555>
と違うのと、STIレバーが新型で形が違うため、ちょっと違和感がありましたが、すぐ慣れました。

BD-1よりちょっとハンドルが下なんですが、さすが測定をしてポジショニングしたバイク。
全く違和感なし。体の筋肉が使いやすくて、本当に乗りやすい。
計測は絶対大事ですね。


●乗り心地
初めてのカーボンバイクだったわけですが、ちょうどバズキル導入前と導入後にそっくり
震動は伝わりますが、続かない感じ。
555は割とコンフォートな乗り味なのだそうです。私の比較は自分のBD-1しかないのですが、確かにBD-1に比べて、路面のがたつきが穏やかです。

反面、ロードインフォメーションはBD-1の方が豊かです

これは、小径車の楽しさの要因ですよね。

長い時間乗っていても疲れないのは確かです。


●加速性、速度維持
ホイールはWH-550と、エントリークラスのもの。
タイヤもけっして良いものではありません。

それでも、30km/h台後半へ、40km/h台への加速は何故かBD-1より楽。なんで?加速は小径車の利点だと思っていたのでわかりません。重量の差でしょうか?(たぶん2kg以上軽い)


速度維持は明らかに楽です。
というより、ペダルを止めた時のスピードの落ち方がゆるやかです。ホイールが大きいから当たり前ですよね。もっと足回りを良いものに変えたらすばらしいかと。


実はコンパクトクランクなせいもあって、ケイデンスはBD-1と同様、90回転以上維持も楽勝です。


===

結局のところ、BD-1での以上の改造がロードバイクへの移行を違和感無いものにしてくれました。

●ピンディングに慣れたこと。
普通のペダルとピンディングでは30%も使える筋肉の量が違うといわれます。
事実、私はもうピンディングなしで自転車には乗りたくありません。

●高回転で乗ること。
ワンフィクションシートピラーとドロハンの導入で、高回転で乗るようになりました。
これは革命で、使うギアが劇的に軽くなりました。ついでに巡航速度も劇的に上がりました。
現在はフロント60Tである意味がなく・・・。
という訳もあり、90rpm以上クランクを回すことは自然になっていました。

●ドロップハンドルの効果
ロードを買うと決める前から、ロード系の雑誌を見て研究していました。
深い前傾と、正しい姿勢で、足の筋肉だけでなく、一番大きな体幹の筋肉が使えるようになります。ドロップハンドルに慣れるにつれて、効果の絶大さを知りました。


===
この3点から、違和感無く乗り変えられた訳で。
ある意味、感動が薄れて不幸かもしれません(笑


家から渋谷までなど、10km程度だったらBD-1で本当に充分です。
改めて、BD-1の実力は凄い。

しかし、剛性や高速時の安定感はロードバイクの方が明らかに上で、私の場合、それが車道を走るのを躊躇させない理由になっているようで、ロードに乗るとなぜか自然に車道を走ってしまいます。


なんにせよ、これから乗り込んでいく中で、きっともっと大きな違いを見つけていけることでしょう。
[PR]
by redboot | 2007-07-09 02:23 | ロード

急展開と近況報告

せっかく運動を始めて、順調に健康なカラダになったはずが・・

気管支炎にかかったまま放置していたことが判明。
いやに苦しい咳が続いたわけだ…。

薬をもらったらすっかり快調に向かい、早く病院に行くものだなと初めて実感。
大人になってから、風邪以外の病気にかかったの初めてでした。

==
<BD-1>
変わりなく。いや本当に変わりなく、目立った改造はケーブル交換以来していません。
20インチ化をあきらめてから、もういじる所が無くなったんです。

変化といえば、チェーンオイルをFINISHLINEのロードループに変えたことと、リクセンクイックをつけて、ステムに鍵を取り付けられるようにしたこと。
雨だから出番が減ったとはいえ、もうすっかり生活の一部になってくれました。
==

しかし、ついに堪え切れなくなってしまったのです。
f0126678_4434262.jpg

もっと速く走りたい・・・・と言うよりは、負けじと背中を追いかけていたローディー&ロードバイク達。

BD-1では叶わなそうな、遥か遠くへのロングライド。


はたまた、なるしまフレンドやフレンド商会、Y's各店で見る、ロードバイクの洗練された姿。


●ORBEA ONIX
f0126678_4432455.jpg


●Intermax X-light
f0126678_44476.jpg


●PININFARINA SCULTURA CARBON
f0126678_4445129.jpg


など、それぞれ何と魅惑的なことか。
あ、値段がかみ合わないものは写真も貼りません。

10万代の自転車っておいおいなんだそりゃ;
って笑い飛ばしつつBD-1を買って早半年。

私には自転車の世界が非常に合っていたようです。



ずっとお世話になっていたY's渋谷でも、皆さんにカタログ出してもらったり、いろいろ情報聞かせて貰ったり、ロードの会話一色。


しかし、私の脳裏には、最初に貼った写真のバイクがずっと張り付いていました。

なるしまフレンド初訪問の際に、壁にかかっていて、InterMaxと共に、
「は!?20万代で買えるのか!?」
と衝撃を感じたそのバイク。

しかし、私はずっといろんなことを教えてくれたY'sで買いたかった。
だから、購入を躊躇していたんです。いや、お金もありませんけど…。


・・・しかし、何たる偶然か。そして、何たる運命のいたずらか。


もう止まりませんでした。
奇しくも、誕生日の今日、完成の連絡。(都合上Y’sマニアックから)

いや、イベントだったんで今日は取りにいけませんでしたけど(涙


すごく、無理をして買いましたが、明日いよいよロードデビューがやってきました。
BD-1ももちろんまだ乗りますが、胸の高鳴りが収まりません。

修学旅行辺りが楽しみで楽しみで、全く眠れない子供の気分です。

ああ、もう止まらない。
[PR]
by redboot | 2007-07-07 23:29 | ロード