<< 近況 LOOK555白色化 >>

RADIUS 700Cホイール

という訳で、ホイールを変えて数日。

おなじみの再インプレを兼ねて、謎のホイールRADIUSを紹介してみたいと思います。
ネットにもほとんど情報がないので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

■販売元
ケンドーサイクル。台湾の競輪選手の方がやっているオリジナルブランド。がRADIUS。その他、台湾製OEMのフレームなどを販売しています。
その他、ヤフオクで出品。

■リム
Kinlin XR300 手組要のリムとしてはおなじみの定番品。
30mmのセミディープリムで、450g。と、なかなか軽量です。

■スポーク
どこのものかは不明ですが、黒色のエアロスポークです。
シマノのものと比べると細めで、軽さを感じます。
3.3mmブレードステンレス。

■ハブ
完全なRADIUSオリジナル。
そんなにハブに対して詳しいわけではないですが、滑らかさは十分な気がします。
シールドベアリングハブです。

■ホイール組について
フロント18Hリア24h。組み方は非常にオーソドックスなものです。
要するに、完組ホイールではなく、手組の完成品ホイールなのですよね。

■色
ブラック
ゴールド
レッド
ホワイト

の4色を確認しています。
ゴールド、ホワイトは少し値段が高く、\39800。
ブラック、レッドは\36800でした。

レッドはちょっとメタリックぽく、フルクライムなどよりエンジ色に近い感じ。
ゴールドは、シャマルゴールドそっくり。
ホワイトは、パウダーコーティングされているため、本当にきれいな白です。

■重量
1596gだそうです。
白はコーティングの分ちょっと重く、1610g程だそうです。


■個人的評価
約1600gという重量を考えると、現在販売しているホイールの中では、決して軽い!というものではないでしょう。しかし、値段を考えるとかなりお買い得。

WH-7801アルミCL、カンパのZONDA、フルクライムRACING3と同等ですよ!?
多分、空輸や流通マージンなどがカットされているせいでしょう。
日本でカンパがやたら高いのと逆の理由ですね。

果たして最高の性能なのかといわれると、NOだと思いますが、ブランドを気にしなければ、選択肢の一つに入れても良いのかなと思います。


癖はなく、割と素直なホイール。
剛性は高い方だと思われる。

また、ヒルクライム特化ではなく、平地の巡行速度維持にも目を向けた、オールラウンドな特性。試走した感じだと、シマノWH-550クラスと比べたら本当に一枚ギアが余る感じですね。
こぎ出しはびっくりするほど軽くなりました。坂に行っても、その効果は感じられます。


つーわけで、完成車についている廉価なホイールからワンランクアップさせるのにはめっちゃいいホイールだと思うんですよね。7,8万払うなら一気にもっといいホイール欲しいし・・。


私にとっては、良い買い物でした!(お金ないし・・)
白一色なホイールも潔くて思ったよりコーディネイトし易かったです。

なぜかこのホイールなるしまフレンドの神宮1号店でも売っていたので、興味がある人はどうぞ。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ 小径・折りたたみ自転車へ

あわせて読みたい
[PR]
by redboot | 2007-11-04 01:46 | パーツ
<< 近況 LOOK555白色化 >>