<< 朝錬へ再び ブラケットの不満。 >>

セッティング変更(ステム)

ステムを90mmにしてから、やっとLOOKで走ることができました。

購入時で100mmのステムがついていて、ステム長さはそのままでしたが、バイオレーサーで測定したポジションから、

○ハンドルをかなり低くした。(3cmくらいだったか?最低位置から5mm上)
○サドルが後ろに下がった。(これも3cm位だったか。標準よりかなり後ろ。)


と、セッティング変更幅に関してはアバウトなのですが(笑)、今のセッティングに至るまでに紆余曲折した挙句、気付いたのがハンドルが遠いということでした。

○疲れてきたときに、骨盤が倒れ気味になる。
○その挙句、ブラケットよりちょっと手前を握っていることが多い。
○登り・加速でハンドルを引きつけにくい。
○腹筋上部に力が入りにくい。


こんな症状に当てはまったら、ハンドルの遠さを疑ってみてください。

ポジションで1cmとは大きなもので、ステムが90cmになっただけで大部分が改善しました。
良かった、見栄はらなくて(笑)

後は気になるのは、サドルの後退幅ぐらい(サドルを引きすぎなのではという心配)。
今ひとつ、下死点手前で引き足に力が入りにくいから、ほんの少し前に出してもいいかも。

あとは、ポジション出しじゃないけどブラケットがやっぱり気になる・・
[PR]
by Redboot | 2008-08-20 20:08 | ロード改造
<< 朝錬へ再び ブラケットの不満。 >>